刀煉

刀 備州以下切(長船則光)おさふねのりみつ

参考販売価格:¥480,000 税込
レンタル価格: ¥25,000 税込
関連カテゴリ

【レンタルカレンダー】

貸出期間

レンタル可能開始日
2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2023年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2023年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
刀 備州以下切れ(長船則光)

古刀 室町中期~後期 保存刀剣鑑定書

刃長:2尺1寸9分(66.3㎝) 反り:5分5厘(1.66㎝) 元幅:㎝ 先幅:㎝ 元重ね:㎝ 先重ね:㎝ 穴:

鎬造り、中切っ先。 鍛え、板目に杢目を交えて良く詰み、地沸厚く付き、棒映りほのかにたつ、地鉄概ね精良。 刃文、小丁子乱れを主体とし、尖り刃を交え、刃縁匂い勝ちに小沸付いて明るく締まり、刃中丁子足繁く入る。 帽子、乱れ込んで掃きかけ返る。 茎摺り上げ、備州と銘残る。 銅に金着せ2重ハバキ。 時代最上研磨。 白鞘入り。販売時は拵付。

【コメント】
長船派の一人である、則光の刀です。備州長船則光の初代は長光の門人と伝えられ、嘉元三年紀の短刀が現存します。銘鑑ではこれを初代として、二代を延文頃、三代が応永頃で、続く四代が永享頃、五代が長禄から寛政に、六代が応仁から文明にかけて活躍したとされます。これ以降室町末期に至るまで十数代に渡り則光の名跡を刻んでおります。本作品の則光は、体配から、室町初期の応永備前頃の刀を摺り上げられた物と鑑識致しました。
体配は片手打と称される長さの刀で、刃長は2尺1寸9分あまり。その名の通り真に片手で振るに丁度良い刃長でバランスがよい刀です。元々2尺4寸近い刀を片手打ちのスタイル、実践向きに摺り上げ、戦場に持って行ったのでしょう。反り加減も適当で激戦の勇者が持つに相応しい至近戦を意識した造り込みの一振りです。刃文は、匂い勝ちで小丁子が乱れ、尖り刃交じりの刃は良く切れると言われる典型的な刃文です。帽子はそのまま乱れて掃き掛け返ります。
販売時には、幕末期の細身の拵が付いてきます。
【レンタル一言コメント】
則光の片手打ちの刀です。銘が切れてしまっているのは残念ですが、戦国時代の侍がこれを片手に戦場を駆け回っていたことが、思い浮かびます。
古刀とは思えない良く詰んだ地鉄は、とても綺麗です。その中に、板目肌を見る事が出来、長船派の製鉄技術の高さがうかがえます。
刃縁の匂い出来の冴え、地鉄の精美さ、映りと備前伝を堪能するには持って来いです。
ページトップヘ