刀煉

青江家次

参考販売価格:¥1,200,000 税込
レンタル価格: ¥40,000 税込
関連カテゴリ

【レンタルカレンダー】

貸出期間

レンタル可能開始日
2022年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2022年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
古刀・備中 南北朝期(貞治頃)
特別保存刀剣鑑定書

刃長:1尺6寸3分(49.4㎝) 反り:3分5厘(1.06㎝) 元幅:
先幅: 元重ね: 先重ね: 穴:1


鎬造り、中切っ先。 鍛え、板目に杢目を交えて良く詰み、地沸厚く付き、乱れ映り立ち、地鉄概ね精良。 刃文、互の目逆丁子乱れを主体とし、大房丁子、小互の目交え、刃縁匂い勝ちに小沸付いて明るく締まり、刃中丁子足繁く入り、随所に金筋、砂流し掛かる。 帽子、乱れ込んで先尖り心に掃きかける。 茎大磨り上げ、栗尻、鑢切り。 銅に金着せハバキ。 時代最上研磨。 白鞘入り。

【コメント】
青江家次(無銘)の南北朝初期から中期に於ける、同派の特徴を顕示した名品です。
 備中国は、筑後国や伯耆国と並んで古くから製鉄が盛んであったため、刀工の存在も平安末期頃から見受けられます。この地で室町期まで大いに栄えたのが青江派で、平安末期から鎌倉中期頃までの作を『古青江』、それ以降南北朝末期までの作を『青江』と大別しており、『古青江』では守次、恒次、貞次、俊次、次忠、助次、『青江』では次直、次吉、吉次、直次、家次らが代表工として挙げられます。
 作風は、時代と共に変遷が見られ、『古青江』は、刃沸強く、匂い口やや沈み勝ちの直刃に小乱れを交えた出来を主体としており、同時代の古備前に近い雰囲気があります。『青江』でも、最初は沸付きがやや穏やかになる程度で、南北朝初期頃になって、ようやく刃縁が締まって明るく冴えた匂い勝ちの直刃が見られるようになり、南北朝中期になると、逆足入る直刃、逆丁子乱れも見られるようになります。
 鍛えには、チリチリと杢目立った縮緬肌、周りと比べて黒く澄んだ肌合いの澄み鉄、段映り、地斑映り、筋映りなど、特徴ある働きが見られ、同時代の長船元重や雲類に近いものもありますが、肌質は同派特有のものがあります。
 帽子は、突き上げ気味に湾れ込んで先尖り心に返るものが多く見られますが、中には重要美術品『名物にっかり青江』の如く、焼き深くほとんど一枚となって小丸に長く返るものもあります。
 本作は寸法1尺6寸3分の上品な脇差となります。大名クラスの大小の小として持たれていた事が想像出来ます。
 板目、杢目が良く鍛えられて上品な肌立ちを見せる地鉄は、映りが判然と立ち、所々断続的な地斑映りを交えています。
 激しい逆丁子に小互の目を交えた焼き刃は、刃縁の沸匂い深く、所々沸がすこぶる厚く付き、「虎の尾」と言わんばかりの激しい出来になっており、『青江』の作風であることが良く示された優品です。
 同派特有とも言える地刃の変化は大変見応えがあり、刃も明るく健全で、茎の仕立て、姿も良いです。何とも素晴らしい青江です。

【レンタル一言コメント】
青江と聞くとよく言われる刃文は、逆丁子掛かった刃と言われます。しかし不思議と、目にする青江はほとんどが直刃に足が入ったり葉が入る程度で、逆丁子の刃文を見た事無い人の方が多いのではないでしょうか?
本作は、正に絵に書いたような逆丁子刃です。そして刃の中に、しっかりと働きが出ており刃文に魅力のある一振りです。
地肌も青江独特の精良な詰んだ肌をしており、その中に小杢目肌が垣間見え、備前の映りとは少し異なり、雲の出るような地映り、その合間から地肌が見えるという素晴らしい景色を見せてくれます。
逆丁子という言葉を聞いたことがある人は、一度は見ておくべきです。
ページトップヘ